オリジナルの封筒作成ができる|ハートが届く

オリジナリティある品作り

ノベルティ

仕上がり重視

必要なタイミングを逃さないスピード提案となるのが、ノベルティグッズの製作です。企画や条件に合わせて最適なノベルティグッズにカスタマイズする事業所では、予算や数量の条件、ロゴ入れからオリジナルグッズまで、デザインも含めて提案してくれます。トレンドを踏まえ、ユーザー反応の収集や分析までが徹底されているのも特長です。ノベルティグッズの種類には、筆記用具やタオル、団扇などがあり、印刷・写真・制作関連の業者に受注するケースが一般化しています。製作の一連の流れとして、製品の企画また、立案が第一ステップです。近年のノベルティグッズではカレンダーの需要増も挙げられています。大きさ・枚数・紙質をはじめ、使用する写真や文字などのレイアウト、デザイン、印刷方法などを打ち合わせします。製版ではCTPや製版フィルムに出力するパターンが一般的です。また校正という製作での仕上がりなどの確認作業も行われ、試作品でもあるため、誤字や脱字の問題、写真やイラストなどの色調を確認したり修正します。次に本体の印刷ですが、ロットや用紙の種類を考慮し、最適なモノが選ばれます。優良業者では、工程ミスに考慮し、余分印刷するなどの品質管理は徹底されている傾向です。カレンダーなどのノベルティグッズではサイズや印刷のロットによって、大きさを揃える裁断のステップが踏まれ、丁合や天綴じ作業の工程が行われます。その後、最終チェックによって手元に届く仕組みです。近年、印刷・写真・制作において、再生品が話題を集めています。リサイクル効率も良く、環境に優しいノベルティグッズを製作することで、企業も消費者側にも様々に利点が得られています。